クレジットカード現金化は借りる事と変わりません

クレジットカード現金化は借りる事と変わりません

クレジットカード現金化は借金の手段の一つとして理解しなければならないと考えます。

 

借金をする先はカードローンやキャッシング、銀行、公的機関、友人や親戚からといったものが考えられ、利用する主な理由としては失業した時、結婚式の資金として、旅行資金として、引っ越し資金として、といったものが挙がります。

 

キャッシングは消費者金融系、銀行系、信販系の3種類に分けられまずが、クレジットカード現金化はどれにも分類する事は出来ません。

 

キャッシングは利用可能なATMの数が多く、全国各地のコンビニエンスストアで引き出しも返済も、時間や場所に捕らわれずに利用出来ることから、これまで人目を気にしながら無人機に足を運ぶ必要も無くなりました。

 

その一方でクレジットカードを持っていない人がキャッシングやショッピングのカードを1から作るとなると時間がかかる所や、銀行よりも金利が高い所が不便な点です。

 

信販とは、買い手を信用して代金の後払いを認める「信用販売」という言葉の略語で、信用取引を重んじる経営理念や、クレジットカードの運用管理で培い蓄積されてきたノウハウがあるという点で、単にお金を貸す消費者金融や、信用取引を行わず審査の厳しい銀行とは一線を画しています。

 

現在も借金をする際に信販系の会社を利用する方は多く、これまでも様々な人々の助けとなってきました。

 

そんな中でクレジットカード現金化はどのような位置付けにあるのでしょう?最初に貸金業としての位置付けが無いクレジットカード現金化は都道府県知事や公安委員会の許可制度が存在しません。

 

クレジットカードを扱った信用取引という点に於いては同じなのですが、クレジットカード現金化を行う業者は発行する訳でも無く、直接返済を迫ることもありません。

 

つまり、無登録の貸金業者=ヤミ金という解釈が成り立ち、利用しない事を進めている金融機関や司法書士関連のWEBページではこのように情報発信をしています。

 

また、クレジットカード現金化を請け負う業者はショッピング枠を利用したサービスを行っている為、クレジットカード会社とサービス利用者の仲介業者のような位置付けにあります。

 

この仲介業者のサービスの特徴としてキャッシュバック方式がありますが、これは「不当景品類及び不当表示防止法」の「もれなく型」に該当します。

 

しかしこの「景品」には「現金」が該当しない為、事実上罰則が無く、買取型に到ってはその取引が正規の手段を講じているように見せかけている為に、表面沙汰になりにくい特徴があります。

 

こうした背景から近年仲介業者は増加傾向にあり、失業者や結婚前の新婚夫婦、旅行や引っ越しで必要だったという人々なども仲介業者を利用しています。

 

さらに、多重債務を抱える人々の逃げ口ともなっています。

 

いざという時に助けになるといえば間違いではないかも知れませんが、仲介業者を利用したことによるトラブルやカードを止められるリスクは全て自己責任となりますのでご注意ください。

ランキング順位を付けている比較サイトの中には、総合ランキングで表示すれば良いモノの、項目を増やしてあらゆる要素で順位決定をしていることがあります。

 

これは、広告枠を増やして掲載料を募る事が目的で有り、決して消費者の視点から付けられた順位ではないのです。

 

実際に「日曜日営業で比較」とする順位決定要素を用いている比較サイトでは、とあるサイトが一位になっていますが、おそらくは日曜日に営業している業者でナンバーワンと言う印象が有りますよね?恐らくお休みのお店も有る事でしょうから、信頼できるのかなと思いきや、ランキング外のお店も十分に営業しているではありませんか!

 

しかもそちらの方が優遇してくれているとなりますと、一体何のランキングなのか、比較検討者からすれば支離滅裂な考えに陥ってしまいます。

 

そのような比較サイトほど、サービスに関するコラムやメリット・デメリットのいずれも情報を発信されていない事が多く、ただ単純にランキング決定要素を作って業者を並べている傾向が有り、中にはランキングも無しに業者の紹介だけが並んでいるところもあります。

 

どこを辿ってもクレジットカード現金化業者なので、業者を紹介する事に関しては良いのですが、それ以上に与信枠を換金する事に対しての注意が一切ない比較サイトの存在は気を付けなければならない事です。

 

振り込まれない、事前説明に言葉が足りなくて換金後にやっぱりキャンセルしたい、支払う事が出来なくてやらなければ良かった、など。

 

決済完了後に悪徳業者の手口に気が付くこともあるでしょうし、キャンセルを請け負ってくれる業者ならまだしも、キャンセルが出来ないと言い張る悪徳店員も実際にいます。(体験済み)

 

消費者が気が付かないような情報を提供するのが比較サイトの役目ですから、業者からの掲載料の儲けがあれば良いなんて考え方で運営されている比較サイトは少なからず存在するのですから、利用者は一体どのタイミングでこうしたリスクについて知る機会が与えられるのでしょうか・・・前述したように取引完了後に知る、なんて比較サイトの存在価値は有りません。

 

良い事も悪い事もあるのが世の中であり、不条理な事もあるでしょう。

 

しかし、求めているものに対して不誠実な対応をする者がいるのが事実ですから、クレジットカード現金化に関するトラブルが減っているとは言え、全く無く0件であるという事では有りませんから、消費者として出来る情報の仕入れによる悪徳業者への対策は怠ってはなりません。

続きを読む≫ 2015/11/23 20:22:23 2015年11月

最近は、電子マネー・電子ギフト券に関わる詐取の話題が多く、クレジットカード現金化という商法そのものの勢力の衰えを感じます。

 

最盛期は「借金が出来なくなる」なんて騒がれた改正貸金業法が施行された年度の前後でしたが、今はもうすでに広告の規制や世間の認知が深まって利用する人の絶対数が減っていると考察されます。

 

なぜ、私でもこうした内容を確認が出来るかと言いますと、ネット環境があれば誰でも見れるコトなのです。

 

普段は検索結果上の上位表示されているところしか見る事が少ない私たちですが、さらに追って見ますと独特な情報を発信する方々も居られますが、ページを進めば進むほど更新がされていないサイトばかりを目にする事が出来ます。

 

様々な経緯が有ってそのような状況になったのかなとは思いますが、掲載されている業者へのリンクや概要を掲載されていることが有ります。

 

これを調べてみると、404表示、つまり閉店した事を確認出来るのですが、その数は意外にも多いんです。

 

かなりの業者数が有りましたので、そのすべてが営業を続けているとなると軽く三桁は超えるんじゃないでしょうか?しかし、実際に営業をされているのは上位表示と言いましてもおおよそ5ページ以内で確認出来る業者は生存を確認することが出来ます。

 

業者を紹介する比較サイトの存在も落ち込みを見る事ができ、近年流行のコンテンツマーケティングを取り入れているところは情報発信に尽力しているようですが、上位表示されているサイトの数がそもそも少ないので難ですが、総じて更新されている様子が見受けられません。

 

内容がクレジットカード現金化で有る為に、結局発信されている情報なんてどこにも書いてあるような内容ばかりですので当然と言えば当然ですが、昔と比べて上位表示させるための最適化方法が難しくなっているからでしょうか?運用の様子から見ると広告報酬を得ていたのかなという印象すら湧きます。

 

もう時代遅れの金策なのかもしれません。

 

すでに総量規制による効果が回った現在は、債務を抱える人が減っている中で、さらに金融機関傘下のフリーローンが積極的な広告展開を見せており、クレジットカード現金化は完全に政府政策に敗れ、広告展開も縮小されて飲まれているのでしょう。

 

角度を変えて某ギフト券を買取するというクレジットカード現金化方法に乗り換えていったことにも、このような実情を察する事が出来ますね。

 

社会的には物凄く良い傾向にあると思いますが、新たな手口に移行されていると言う事も考えますと、今後もイタチごっこが続くのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/10/22 17:28:22 2015年10月

クレジットカード現金化は有名なサービスで無いだけに、本当に困った人が調べて初めて人生で知るくらいマイナーな取引です。

 

実店舗型については地域密着型の営業職が強く、街頭広告に積極的に出稿している様子は皆さんも確認出来るのではないでしょうか?駅のホーム横の広告や街中のマンションの屋上にある街頭広告、駐車場や空き家の壁に付けられた捨て看板など。

 

無店舗型では検索順位広告や比較サイトへの掲載などが目立ちます。

 

広告報酬目的の比較サイトやQ&Aサイトでのステマ、さらにSEO対策と呼ばれる検索順位を上位にするモノ、迷惑メールによるスパムや検索窓のサジェスト表示、虫眼鏡広告などなど・・・WEBの特性を生かした広告ばかりなのですが、これをやり過ぎる事でサイトのドメインがペナルティを受ける事が有ります。

 

店名を検索しますと、通常であれば一番最初に表示されるはずですが、ペナルティを受けたサイトはそれよりも下位、または一切表示をされない形になることがあります。

 

これは正に悪徳業者の証拠とも言えます。

 

この様な状況になってしまっては閉店するしかない・・・と思いきや、別のクレジットカード現金化業者を作って、新たに別の広告戦略で集客を試みているようで、それまでのリピーターを対応しつつ新規の集客を別サイトで行っている事が推測されます。

 

サーバー上のIPを調べるだけで、どのサイトが同一運営者による営業なのか知る事が出来るからです。

 

クレジットカード現金化業者も年々新規店を見ることが有りますが、先ほどのように広告は激戦ですから、戦略負けをしてすぐに店を閉める事が多々見掛けます。

 

老舗と呼ばれるグループは当サイトが確認しているだけで3つ程存在しており、それに加わって1つのグループが頑張っている印象が有り、いかに狭い業界なのかが分かりました。

 

利用者の方々もいざ申込みをしようと考えている際に、こうした奥深くまで考察する事は難しいですが、当サイトのように出来るだけ情報量のある比較サイトを探すことが必要で、それは検索順位を辿らなければ行き着くことが出来ない内容です。

 

広告報酬を目的にしている者、意図的に対策をしているもの・・・様々な戦略が渦巻くインターネットの世界ですから、有り触れた情報の中から正しいモノを見つけ出すには他でもない自分自身に責任が有ると言う事で、そろそろ悪徳業者だけでなく悪徳比較サイトをつまみ出すことが必要ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/09/21 15:31:21

申し込み者が男性か女性かで分けられるレディースプランの存在や、年齢仕分けによるシニアプラン、法人専用のプレミアムプランなど・・・。

 

同じクレジットカード現金化という目的で有りながら、これだけ申込み時に分けられる事に疑問を感じたことはありませんでしょうか?これは全てのお店にある内容では無く、限られたお店だけに設けられています。

 

これについて検証している比較サイトがなかなか見つかりませんでしたが、むしろそういう専用プランが有る事がメリットで有る、というワケの分からない評判で評価している事が非常に多く、当サイトでその真意について調べる事にしました。

 

結論から言っちゃいます。

 

これは完全にお店が換金率を下げる為の戦略です。

 

そのプランに適合しない方が利用した場合、その対象から外れたとして換金率を下げて利益を上げようとしているもので、実際に私一個人がプレミアムプランと称したチェックボックスにチェックして申込みをしたところ、「もし法人であれば換金率を高く出来るけれど、個人の場合には60%になります」と言われました。

 

それでは別の条件で申込みをしたらどうなるのか気になりましたので、再度私が所有する別の携帯電話番号に変えて、再度個人でシニアのふりをして申込みをしてみたところ、条件に当てはまるはずなのに換金率は何と先ほどと同じ提示。

 

結局のところ、そのお店が提示する換金率がもともと60%台だったと言う事です。

 

いやー・・・かなりショックな事実を暴いてしまったのではないでしょうか?ここまで悪徳な戦略が今も当たりまえに行われている事に衝撃を受けました。

 

基本的に表記される換金率の数字はどのお店も高い傾向に有りますが、実際の取引額を聞き出すと各お店の基本的な数字がやっと分かります。

 

このようにお金に困っている消費者から、お金を得るのがクレジットカード現金化業者ですから、数少ないであろう申込み者から出来るだけ利益を取らなければ営業を続ける事が出来ないという構図で、お金の無い人をさらに苦しむ結果を招くと言われる理由です。

 

クレジットカード現金化の取引はヤミ金でも貸金でもありませんが、結果的に債務を被る事が借金だと言われる原因となっており、支払いの当てが無いのであれば利用しない事を私はお勧めします。

 

それでも申込みをしようとする方はちょっと頭が弱い方かもしれません・・・支払える計画が立てられる方だけが利用できる、ハードルの高い金策手段がクレジットカード現金化なのです。

続きを読む≫ 2015/09/21 14:20:21

困っているからこそ工面できる方法を模索する事は、どんな人間でも置かれた状況になれば当然の事です。

 

しかし、それがクレジットカード現金化を選択するという事は決して賢い選択とはお世辞にも言えません。

 

あらゆる金策の中で、最も手数料負担を強いられる方法で有り、第三者、つまり業者を利用する手段は他に、正規の貸金業者や行政の支援融資が有りますが、正規に何か免許制度が有る訳でもありませんので、管轄する団体は無いので完全に良心有る取引が実行されるのかはそのお店次第、店員次第ということ。

 

ヤミ金とは異なり、正規貸金業?クレジットカード現金化?闇金融、この順番がリスクと手数料の負担が大きい順番となっています。

 

工面するお金というのは、本来自分のお金では無いですから、例え正規の業者から借りたとしても支払いをする必要は避けられず、それこそ返済が滞ったりした場合には、次のクレジットカード現金化を実行する事も出来ずに没収と言いますか、信用情報機関の共有される情報を基に停止処分が下されることになります。

 

どの方法を選択しても、滞りなく支払いを続ける事が出来る計画と予算設定が大切です。

 

誰かのお金を利用するという考えたから、親族や知人から借りるという方法が一番良いのですが、これは己のプライドを捨てて行動しなければならない事なので、なかなか踏ん切りが付かない事が一般的です。

 

それでも金策サービスを利用するよりはマシと言えますし、社会的信用を保つためにも捨て身の覚悟で頭を下げ、断られれば仕方ありませんがサービスを利用するほかありません。

 

クレジットカード現金化はまさに行き場を失った方々の為に有る方法で、困っている心情や心理を突いた広告文を利用して積極的な宣伝が行われておりますが、先ほどから申し上げているように手数料は高く付きます。

 

いくら割賦払いが選択できるとは言え、既に決済金額と振り込まれた金額に差額が有りますし、それに加えて発行元に割賦手数料を支払わなければなりません。

 

これが得なサービスと言えるのでしょうか?特に称賛の嵐を当該サービスに浴びせる比較サイトは、掲載先の業者が運営する自社媒体である可能性を強く疑うべきと当サイトでは考えます。

 

さらに、その紹介されている店舗が一つや二つでは無く、複数店舗掲載を確認出来るのであれば、それらはグループ店。つまり同一経営者とも考えられます。

 

少なくとも真っ当な商売では有りませんし、真っ当な人間が運営していても問題視されるコトに変わりませんが、暴力団関係者の上納金に使われるかもしれませんし、その真相は長い歴史の中でも闇の中です

続きを読む≫ 2015/09/21 12:51:21

借金をする人の特徴は、借金を返した後もその利子の支払いでまた他の金融会社からお金を借りることを繰り返すところです。

 

何故駄目と分かっていても借金をしてしまうのか。それは国にも同じことが言えます。国は国債を発行して銀行から借金をしています。

 

現在の先進国のほとんどがこの国債による借金を抱えており、経済が成長するのに必要な過程といえるのかも知れません。

 

しかし、この国債もただ発行しているだけでは意味がありません。

 

ギリシャのようにデフォルトを起こして借金を踏み倒す行為に走らざるを得ません。

 

また国債を発行しすぎることで国としての価値を下げていくことにも繋がります。結果として国の信用、価値が下がることになります。

 

これは個人で借金をしている方にも同じことが言えるのです。借金をしすぎてしまうと個人の信用や価値が下がってしまう為、どこもお金を貸してくれる所が無くなってしまいます。

 

この情報は信用情報として3つの機関で数年間共有されてしまう為、お金が借りられなくなってしまいます。

 

この一時しのぎとしてクレジットカード現金化というものが使えるのですが、これを利用すると信用情報に登録されていたとしてもお金を借りることができます。

 

このサービスの良い点は審査不要でクレジットカードさえ持っていれば即お金が手に入り、借金した分は分割払いで支払えるというところです。

 

高い還元率でお金を貸してくれるところも魅力です。

 

しかし、このクレジットカード現金化も使用しすぎてしまうとクレジットカード会社からカードを止められてしまいます。

 

そうなるとどこからもお金を借りることができない状況となり、自己破産をするしかなくなります。

 

この時の、自己破産のことも考えると実はクレジットカード現金化を利用することは間違いです。

 

クレジットカードの現金化を利用した履歴が免責不許可事由に当たる為に、借金を免責してもらえず、結果として自己破産できないということになりかねないのです。

 

というわけで、いくら借金をして首が回らなくなったからといってもクレジットカード現金化に手を出すのは得策ではないと言えますね。

 

いっそ多重債務でどうしようもなったときは、クレジットカード現金化という小手先には頼らずに、大手の法律事務所に相談をして自己破産を試みてみてはいかがでしょうか。

 

もしかすると過払い金が発生して戻ってくるお金もあるかも知れません。

 

家庭裁判所で免責が下れば、その後の人生をやり直すことができるので良い方法だと思います。

続きを読む≫ 2015/09/21 11:55:21

銀行や金融機能の起源は両替商のことを指し、その歴史は江戸時代以前にまで遡ります。

 

金融業が古くから人々の生活に必要なものであったことが伺えます。

 

またお札の起源としてはこうした両替商のところで銭貨を預けた際に発行された預かり証のことを指すそうです。

 

重い銭貨よりも軽い紙幣が流通するようになり、お札になったといわれています。

 

古くから人々はお金を借り、返すといったことを繰り返して来ました。

 

金融業は、一度借りたものに利子をつけて返すというこの信用商売により人々の文化の発展に貢献してきたのかも知れませんね。

 

現代でも住宅ローンや車のローン、大きな買い物をした時の分割払いなどという形で生活の中で金融業は欠かせない存在となっています。

 

中でも大変お世話になっているのがクレジットカードではないでしょうか。

 

大きな金額の買い物から小額の日々の生活、電気代、水道代、ガス代などの公共料金の支払い方法としてなど様々な形で欠かせない存在となっています。

 

月末一斉引き落としにしておくと、毎月市役所やコンビニまで支払いに行く手間も省け、更にはポイントもついてきます。

 

そして最近では新しいサービスも展開されるようになりました。ショッピング枠現金化というもので、月末ちょっとお金が足りなくなった時や急な出費があったとき、お金をどこから捻出したらいいか困ってしまいますよね。

 

消費者金融からお金を借りるのは何か怖いし、足を踏み入れるのにも勇気がいります。

 

しかしこのショッピング枠現金化を使うとスマートフォンやパソコンでネットにアクセスするだけで簡単にお金を借りることができます。

 

誰にもばれることなくお金が借りられるので本当にいざ困ったという時には便利なサービスだと思います。

 

最近出てきたサービスではあるものの、その根本的なところは昔の消費者金融、通称ヤミ金とそう変わらないところに起源があります。

 

ヤミ金が起源と言うと聞こえは悪いですが、現在ショッピング枠現金化を行う業者はソフトヤミ金とも呼ばれており、昔のような怖いイメージは一切ないのでご安心ください。

 

ショッピング枠を使った借金になるので一括払いにすれば利息も付かず、分割払いにしてもキャッシングよりは低い利率で借りることができるので助かります。

 

再度同じ店を利用すると特典も付いてくるというサイトも多く、使えば使うほど顧客としての信用度は増していくので、できるだけ同じ業者から借り入れを行いたいところです。

 

生活の助けとして現在は、クレジットカード現金化というものがあるというお話でした。

続きを読む≫ 2015/09/21 11:43:21

身近なクレジットカードとして携帯会社が発行するタイプがあります。

 

au WALLET、SoftBank、DCMXなどがありますが、ショッピング枠に関して特別な規約が設けられていることを皆様ご存知でしょうか。

 

それはショッピング枠現金化についての罰則です。

 

現金を取得する手段としてショッピング枠を利用してはならないという規約です。

 

どのようなことが書かれているかというと、商品・権利などをその価値に見合わない対価でクレジットカード支払いを行い、加盟店から現金または現金に類似するものの交付を受ける方式や、商品・権利などをカードで購入して、当該商品を加盟店やその他の第三者に有償で譲渡する方式を禁止すること、そして原則として現金を取得する手段としてショッピング枠を利用することを禁止することが書かれています。

 

そしてこれらに違反した場合は利用停止または一部の停止や、法的措置、会員資格の取消などが行われます。

 

この停止のケースとしてクレジットカード現金化など換金目的で商品を購入するなど、正常な利用ではないと判断された場合にはカードの違反と判断されるとのことが明記されています。

 

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得ることが出来るのかという事を知ると同時に、それは違反行為であるということをこの規約を読んで始めて知る方も多いのではないでしょうか?

 

Googleの検索エンジンで「クレジットカード現金化現金化」と入力したところ、そういう換金サービスを行う業者と思われるサイトや申し込みに対する注意喚起を促すサイトが多数ヒットします。

 

業者のサイトと注意喚起のサイトが入り乱れていてどうも穏やかではない雰囲気が感じられますし、どうやら消費者庁のホームページでもクレジットカード現金化を行ってはならないということが書かれているようです。

 

また、換金目的に使用する事を推奨している、勧誘行為と受け取れる比較サイトの運営も行われているようですね。

 

Wikipediaにも「クレジットカード現金化」の名前で記事が書かれており、このような業者はグレーゾーンではあるが違法ではないという意見と、実質的に貸金業に該当するので違法だという意見が書かれています。

 

いつも身近にある存在のクレジットカードですが、ひとつ使い方を間違えると危ない目に遭う可能性があるので皆様もご利用の際は細心の注意を払うようにしましょう。

 

収支バランスが常に貯金出来る余力があれば、人生で知る必要も無かったサービスですが、どんなに低所得だとしてもそれに見合った生活をする他無く、少し背伸びした生活が後の自分を苦しめるキッカケになってしまいます。

続きを読む≫ 2015/09/21 10:50:21

クレジットカード現金化業者や比較サイトが唱える、サービスのメリットを調査してみました。

 

最も多い2つの理由は以下です。

  1. 契約手続きが手軽
  2.  

    これは利用者からすると銀行のキャッシュカードからお金を降ろす感覚と似ているそうです。

     

  3. 初回に氏名・生年月日・振込先などの情報を登録すれば2回目以降のやり取りがスムーズ
  4.  

    これは希望金額とカード情報だけを伝えれば5分程度でお金が振り込まれるそうです。

ほかにも・・・

  • 保証人や担保も必要なく、店頭に行かなくてもインターネット経由で簡単に手続きが行える
  • クレジットカードがあれば問題がないこと
  • 借入履歴が残らないこと

まとめると、審査不要・即日現金化・高還元率な点がお得といったことになります。

 

私の場合は、そもそも借金をする必要がないと思っていたのですが、ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化が借金と言う扱いになるのであれば、普通にクレジットカードで買い物をしたことも借金となるのだなと思い、借金に対する考えが少し変わりました。

 

審査不要で即日で現金が手に入るのであれば、換金率が良い条件であれば良い事尽くめではないか?とも思えました。

 

しかし、お金が絡んだ物事にはメリットだけではなく、デメリットも必ず存在するものなのでサービスをオススメする比較サイトは何故デメリットの説明が無いのか気になりませんでしょうか。

 

そこでクレジットカード現金化の仕組みをもう少し掘り下げて調査してみて意外なことが分かりました。

 

クレジットカード現金化業者はクレジット決済代行サービスを利用して、換金代金を振り込む会社と利用者の仲介をしている業態だということが分かったのです。

 

本来貸金業を行うには、日本貸金業協会から貸金業務に関する資格を取得していなくてはなりません。

 

しかしクレジットカード現金化業者はこの資格を持っていなくても代行業は誰にでも営業をする事が出来るのです。

 

つまりクレジットカード現金化業者は何の責任も負わず、責任を負わされるのは申し込みを行った張本人。

 

発行する会社が定める利用規約について調査してみると、実際にクレジットカード会社が被害に遭うことが多いのでしょうか?クレジットカード会社の規約に「換金を目的とするクレジットカードの利用を禁止する」と定められています。

 

そして、日本クレジット協会もこの業者を利用することや個人で換金を目的にした利用に付いても警告を出しています。

 

これだけ業界団体から嫌われているサービスなので近いうちに法で取り締まられるようになるかも知れませんが、その動きは全く更新されておらず、社会的にも話題になる事が少なく総数的に被害が減少の一途を続けていることも一因かもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/09/18 18:50:18

クレジットカードの現金化サービスの起源は19世紀の終わりにあると言われています。

 

丸善という呉服屋があり、この呉服屋がお客から毎月分割払いで集金を行っていたことに由来するそうです。

 

クレジットカード現金化はグレーゾーン商法であることが知られていますが、どのような点がグレーゾーンと言われているのでしょう?これまでに金融業界の中ではグレーゾーン金利というものが存在していました。

 

これは利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の2つの利率の違いから生まれたものでした。

 

1954年に制定された出資法で利息の上限を決めることで高金利での貸金業態に歯止めをかける意味がありましたが、同じ時期に制定された利息制限法とのずれが生じ、以来グレーゾーン金利という特殊な金利の幅が存在することとなりました。

 

しかし、このグレーゾーン金利も2010年の法改正により出資法違反の対象となることが決まりました。

 

その為新たな高利貸しの手段として生まれたのがこのクレジットカード現金化なのです。

 

つまりクレジットカード現金化とは実態としては高利貸し業であり、ただそれを取り締まる法律が存在していない為、グレーゾーン商法であるといわれています。

 

こういった高利貸し業も借り手がいないことには商売が成り立ちません。

 

現在こういった高利貸しからお金を借りる人はまだいて、若者から主婦といった層だけに留まらず、公務員や上場企業のサラリーマンまでもがサービスを利用しているそうです。

 

また貸金業者も昔のような闇金というイメージの業態を持つところは減っていて、ソフト闇金や090闇金という温和で優しい口調でお金を貸す形に姿を変えてきています。

 

ところで闇金と普通の貸金業との違いはどこで見分ければよいのでしょうか。それは、登録番号があるかないかの違いです。表記自体していない業者は闇金業者としてみていいでしょう。

 

特定の業者が闇金業者かどうかを見分けるには「登録貸金業者情報検索入力ページ」というサイトがありますのでそちらからご確認ください。

 

謳い文句として専任のファイナンシャルプランナーがいるなどと書かれていてもこちらに登録されていない業者は全て闇金業者です。

 

クレジットカード現金化を行っている業者の会社名で検索をかけてみましょう。

 

するとどうでしょう?ほとんど検索結果で名前が挙がってこないと思います。

 

クレジットカード現金化業者はグレーゾーン商法を行っており、しかも闇金業者で対して変わらず、サービス内容が良くてもそれはお金を返済できる環境にある間だけと思ったほうがいいと思います。

 

こういう闇金業者の利用はやめておいたほうが良いと言えると思います。

続きを読む≫ 2015/09/17 18:09:17